6月2日(日)17時から鳥取市のホテルニューオータニに於いて新型コロナウイルス感染症対策に係る鳥取県知事感謝状贈呈式が開催され県内47団体と10個人がその対象となりました。感染症対策に多大な貢献を行った医療機関として当院から大田麻紀看護部長、住田広明事務部長、私が出席しました。私は西部圏域の医療機関を代表して平井伸治知事様から直接感謝状を受け取りました。(大学病院関係者は個人で受け取られました)
贈呈式後、団体ごとに写真撮影があり県の担当者様からの指示にて私は知事の右隣に着座しました。最上段の左から3人目が大田看護部長、一番右側が住田事務部長です。その後、当院出席者3名の写真を撮っていただきました。

    

続いて懇親会に移り私は司会者からスピーチをするよう指名され、当時に思いを馳せながら当院の取り組みについて述べました。
自らを顧みず新型コロナウイルスと奮闘された当院全ての職種、職員の皆様に改めて深く感謝を申し上げたいと思います。
ところで被表彰者の中に感染対策と経済活動の両立に向けた幅広い見地からの助言をしたとして県商工会連合会の馬野慎一郎会長(馬野建設社長)の姿がありました。馬野会長は米子東高時代の同級生で琴浦町(旧・赤崎町)出身で毎日、同じ列車で通学しておりました。高校卒業後もたまに会っていましたが、彼曰く15年ぶりの再会となりました。知事を挟んで右側に写っているのが馬野会長です。