介護医療院の概要

  • 「医療の必要な要介護者の長期療養・生活施設」として平成30年4月より創設された介護保険施設 
  • 今後、増加が見込まれる慢性期の医療・介護のニーズを併せ持つ高齢者に対応するため、医療処置等が必要で自宅や特別養護老人ホーム等での生活が困難な方にも対応

介護医療院の役割・理念

  • 「住まいと生活を医療が支える新たなモデル」として創設 
  • 「利用者の尊厳の保持」と「自立支援」を理念に掲げ「地域に貢献し地域に開かれた交流施設」としての役割を担う
  •   医療機関の側面ももちながら生活施設としての役割を果たす「看取り・ターミナル」を支えることも重要な役割

医療・介護サービス提供における全体像

医療・介護サービス提供における全体像

全国の介護医療院の開設状況(施設数)

当院における開設の経緯

平成20年7月
鳥取県済生会境港総合病院 4階 療養型病床60床を転換

『介護療養型老人保健施設』2階東棟 29床 サテライトはまかぜ開設
『医療療養病床』3階東棟 30床

令和元年9月
『介護医療院なでしこ境港』開設

介護医療院とは

  • 「生活の場」としての機能を持つ
  • 医療が必要な介護度が高い高齢者の受け入れ
  • ターミナルケアや看取りにも対応

介護医療院 なでしこ境港

医療が必要な要介護高齢者の長期療養・生活支援(介護保険施設)

  • 経管栄養や喀痰吸引、認知ケアなど慢性期の医療機能
  • 看取り・ターミナルケア機能
  • 長期療養の「住まい」機能

入所されている方の要介護度 4、5

  • 在宅酸素
  • 静脈栄養(24時間点滴)
  • 経管栄養(胃瘻)
  • 尿道カテーテル管理
  • 人工肛門管理
  • 喀痰吸引
  • 必要時、受診

職員:医師、看護師、介護福祉士、ケアマネージャー、相談員、栄養管理士、理学療法士 等


鳥取県済生会境港総合病院 介護医療院なでしこ境港
〒684-8555 境港市米川町44
TEL:0859-42-581
施設長    :丸山 茂樹
看護師長   :畑中 希美
主任看護師  :大原 薫
介護支援専門員:崎田 浩明