病院長あいさつ

写真:病院長 佐々木祐一郎済生会は、明治天皇が医療によって生活困窮者を救済しようと明治44年(1911年)に設立されました。全国81の病院をはじめ介護老人保健施設や児童福祉施設など約400施設を有する日本最大の社会福祉法人です。

当院は昭和36年(1961年)に開設された境港市唯一の総合病院で鳥取県の感染症指定医療機関に認定されており多くの新型コロナウイルス感染者に対応してまいりました。

高齢化が著しい当地域において二次救急指定病院として年間約700台の救急搬送を受け入れるなど急性期医療に注力しています。一方、鳥取大学附属病院等で治療を受けられた後の患者さまが自宅に安心して戻られるまでのリハビリや在宅支援などを調整する地域包括ケア病棟、長期に及ぶ治療を要する患者さまや看取りにも対応できる療養病棟を有している他、「医療の必要な要介護者の長期療養・生活施設」を目的とした介護医療院を併設するなど幅広い医療を展開しております。病院はナイチンゲールの『病院覚え書』にもあるように安心で安全な医療を提供しなければなりません。そのためにはチーム医療が必須であり当院は以前から多職種(医師、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師、理学療法士、社会福祉士、事務職員など)が協力して患者さまひとりひとりの状況に応じた全人的医療を実践しております。引き続き皆さまから信頼される病院となるよう取り組んでまいります。

そして済生会創立の理念である生活困窮者に対する積極的な無料低額診療や行政と協力し医療・福祉サービスにアクセスできない方々をも支援していきたいと考えております。

病院長  佐々木 祐一郎(ささき ゆういちろう)