22日(水)、鳥取県庁に出向いて県福祉保健部長の中西眞治様をはじめ医療局健康政策課の担当職員様に当院が約1年かけて作成した新病院基本構想、基本計画について説明させていただきました。多数のご質問をいただくなど意見交換は1時間30分にも及びました。救急車の応需率が上昇していることなど境港市における当院の存在意義を強調し新病院建設に際してご支援をお願いしました。ところで県庁正面玄関に境港市出身の漫画家水木しげる先生夫妻の銅像がありました。