当院は2018年より「訪問診療」を開始し、住み慣れた地域で患者様・ご家族様が安心して療養できるように在宅療養をサポートしています。通院が困難な患者様のご自宅等に定期的・計画的に伺い、寄り添う医療を提供しています。

訪問診療とは

疾病、傷病のため通院が困難な患者様に対し、医師が自宅に伺い定期的・計画的な診察を行うこと。

往診とは

急な体調変化、突発的な症状が現れた時など患者様や家族様の要請に応じ患者の自宅で診察を行うこと。
(現在、往診は行っておりませんが、状態に応じて救急外来等で24時間対応しております。また緊急対応等は訪問看護と連携し在宅療養を支援しています。)

主な疾患

内科疾患を中心に様々な疾患の対応をしています。

訪問診療の内容

医師と看護師が患者様の自宅等に月1回伺い、診察や薬の処方等を行います。患者様の病状により診察頻度の変更や血液検査、点滴等も行います。

訪問診療の費用

訪問診療は健康保険適用ですので、健康保険の自己負担が費用となります。

費用の目安:訪問診療料(1回あたり) 1割負担の方で約1,000円 3割負担の方で約3,000円

※薬処方、血液検査、点滴などがある場合は通院と同様追加負担となります。
※院外処方となりますので、お薬の料金は別途必要です。

訪問診療開始までの流れ

1.訪問診療の紹介

現在診察を受けている医師より訪問診療について提案します。
また通院が難しい方で訪問診療を希望される方は診療を受けている医師へご相談ください。

2.地域医療総合支援センターのMSWまたは看護師が患者様、家族様と面談

必要に応じてケアマネジャーや訪問看護と連絡を取ります。

3.訪問診療担当医との面談

訪問診療の説明を行い同意書に署名していただきます。

4.訪問診療開始

患者様の症状に合わせて月1回程度診察を行います。

訪問診療体制

 
午前   柳原清孝   田中宏明  
午後       岡野淳一  

訪問診療についてのお問い合わせ、ご質問等ありましたら地域医療総合支援センターまでご相談ください。

地域医療総合支援センター