このページの位置: ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 脳神経内科

脳神経内科では、脳・脊髄・末梢神経等の異常に関連する病気に対して、内科的な診療を行います。
対象疾患としては、脳血管疾患(脳梗塞・脳出血等)、頭痛、認知症、神経変性疾患(パーキンソン病や脊髄小脳変性症等のいわゆる「神経難病」)等が挙げられます。

ひとりひとりの症状とその経過や既往歴を踏まえて診察を行い、CT、MRI、超音波検査などの検査結果を参考に診断と治療方針を決め、他診療科やリハビリテーションを行う理学療法士・作業療法士・言語療法士や社会的な介護を支援する医療相談スタッフのソーシャルワーカーとも綿密に連携し、最良を目指して日々診療を行っています。

受診の際には、お薬手帳をお持ちください。

医師紹介

  • 青山 泰明(あおやま やすあき)

    役職
    脳神経内科部長
    資格・専門
    • 日本神経学会専門医・指導医
    • 日本脳卒中学会専門医
    • 日本内科学会認定医・指導医
    • 日本内科学会総合内科専門医
  • 粟木 悦子(あわき えつこ)

    役職
    特任副院長
    資格・専門
    • 日本神経学会専門医・指導医
    • 日本脳卒中学会専門医
    • 日本認知症学会専門医・指導医
    • 日本頭痛学会専門医
    • 日本内科学会認定医・指導医
    • 日本内科学会総合内科専門医

ページの先頭へ