撮影機器紹介

当科では様々な撮影装置を用いて身体各部の検査を行い、診断・治療に役立つ画像を提供しています。
ここでは、各撮影装置を用いた検査を紹介します。
X線を用いる検査においては、適切な撮影条件で被曝低減に努めています。

CT(Canon:CT Aquilion Prime SP)

写真:CT検査装置

CT検査(Computed Tomography/コンピューター断層撮影法)とは、X線を使って身体の中の様子を断面像として得ることができる検査です。短時間で広範囲の検査が可能です。

MRI(Siemens:MAGNETOM Avanto

写真:MRI検査装置

MRI検査(Magnetic Resonance Imaging/磁気共鳴撮像法)とは、強力な磁石と電波を使って身体の中の様々な断面像を得る検査です。放射線被ばくの心配がない検査です。体内金属がある方は、検査できない場合があります。

X線透視

胃検診、胃腸透視、内視鏡検査の補助などの、主に消化器系の検査を中心に行います。

多目的X線透視

透視下で、体内へのチューブ挿入や交換、骨整復などを行います。血管造影やIVRも可能です。

一般撮影

写真:X線検査装置

X線を用いて人体を透過することで、胸部や腹部や骨など様々な部位を撮影できます。

乳房撮影(Canon:Pe・ru・ru)

マンモグラフィと呼ばれ、専用の装置で乳房を圧迫して特殊なX線で撮影します。小さな腫瘍や石灰化を描出することができるため、早期乳がんの発見にとても有効な検査です。
また、トモシンセシス(断層)撮影が可能な、高解像度の断層画像を得ることで、より病変を発見しやすくなりました。

骨密度検査(hologic:Horizon)

骨を構成しているカルシウムやミネラル類の量を測定して、骨の強度を調べる検査です。
骨粗しょう症や骨折のリスクを判定するのに役立ちます。